合格体験記 - 練馬 塾 中学受験専門 【FELIX】

FELIX練馬教室03-3557-1391FELIX武蔵境教室0422-30-5296
お問合せはこちら

合格体験記 - 練馬 塾 中学受験専門 【FELIX】

FELIX 練馬教室 03-3557-1391 お問合せ MENU
合格体験記

FELIX練馬教室担当講師が、担当させていただいた生徒です。

A・Yさん

  • 富士見中学校合格
  • 西武学園文理中学校(特選)合格
  • 札幌聖心女子学院中学校合格

【生徒体験記本文】
 私は6年生の6月にフェリックスに入りました。先生方や友達は優しく、すぐになじめました。
 以前の塾では公民を全くやっておらず、理科も習っていない所があったため、通常の授業を受けながら抜けている範囲も勉強しました。模試では社会が足をひっぱっていました。計算問題もケアレスミスが多く、テストでもできたりできなかったりしました。がんばるしかなかったので、毎日計算問題をやり宿題をこなしました。  成績が上がってきたのは、合宿の頃からでした。合宿では、日中勉強して頭の回転が良くなったような気がしましたが、たたみにすわっていたので足はとても疲れました。でもみんながいたからがんばれたんだと思います。
 私の苦手だった社会は、間違った所をノートに書き、いつも見直せるように反省ノートを作りました。算数は解説を見てわからなかった所をわかるまで先生に質問しました。国語は漢字の間違えた所を反復し、理科は合宿から使っていた暗記ノートを何度も繰り返しました。
 入試が始まってからは長かったようであっという間でした。4校受けて3校合格をいただきました。
 途中、不安になる事もありました。その時は、友達や先生が応援メッセージを書いてくれたバンダナを見るととても勇気づけられました。不合格の時も、先生から電話ではげましの言葉をいただいたので次の日も頑張ろうという気持ちになれました。
 来年受験する皆さんは志望校の合格可能性が低かったとしても、絶対合格してやるという強い気持ちを持ち、自分なりに成績が上がるような工夫をすれば最後は合格にたどりつけると思います。

【保護者体験記本文】
 娘は6年生の6月という大切な時期にフェリックスに転塾しました。
 フェリックスにお世話になろうと思った理由は、科目ごとにクラスが決まること、クラスの先生が固定で一人一人によく目が行き届いていること、体験授業で理科の授業が楽しかったこと、そしてなにより先生方が子供たちに教えることを楽しんでいらっしゃると感じたことでした。
 とはいえ、基本事項にも穴がある状態でしたので、これで間に合うのかという心配はいつもありました。宿題は真面目にこなすものの、テストには弱く点数が取れない状態でしたが、先生方は根気良く導いてくださいました。「すぐには点数につながりませんが、穴を補えば必ず伸びます。」と言われていたので、目先の点数より理解することに重点をおいて基本事項を確認していきました。やらなければいけないことがわかっていたので落ち着いて受験勉強に取り込むことができたように思います。家庭でも食物の産地や時事ニュースなど、勉強が日常生活に結び付くような会話を心がけ、親も勉強になりました。
 実際の受験では合格、補欠、不合格といろいろな立場を経験することになりました。そのたびにどんどん逞しくなっていき、成長したと思います。最終日のチャレンジ校ではもう受けるのをやめるかと聞いた私に「この学校の子に負けないって思えるように受けに行く。」と言いきっていました。納得のいく受験ができたことをうれしく思います。
 8か月間でしたが、フェリックスのご指導に本当に感謝しております。ありがとうございました。

R・Kくん

  • 明治大学付属中野中学校合格
  • 西武学園文理中学校合格
  • 城西川越中学校合格

【生徒体験記本文】
 僕が初めて中学校見学に行ったのは、5年のころでした。文化祭を見て、活気があるなぁと思いましたがそのころはまだ受験生としての自覚が無く、何のためにやっているのかと考えたことがありませんでした。
 しかし、6年の半ばころになると学校のみんなも塾のみんなも志望校を決め、必死で志望校の過去問をやっていることにあせりました。そして、どうしたらいいか悩んでいて志望校がはっきり決まっていない時に指導してもらっていた吉村先生に明中は生徒がきっちりしていていい学校だと勧められました。明中は文化祭に行ったことがあり僕も少し気にかけていたので明中を第一志望にしました。
 けれども模試などのテストでは全然成績が届かず12月になっても全く成績が届かず合格確率20%でしたが石井先生に「偏差値はあまり気にしないでいい。」と勇気づけてくれました。僕は半分あきらめかけていた志望校でしたが、先生のはげましにより、頑張ろうと思いました。
 そして、あっという間に2月1日になりました。2月1日は第二志望のH 中学校を受けましたが、結果はダメでした。そして、第一志望の2日目のM中学校の試験の日、吉村先生が改札口で待っていてくれました。吉村先生の「がんばれよ」のはげましの言葉で勇気づけられました。そのおかげで他塾の先生の数の多さにも威圧されずにすみました。
 そして、3日目のH中学校の試験が終わり、すぐ家に帰り結果を見てみると…自分の番号があった!飛びはねるほどにうれしかったです。このうれしさを味わったのは初めてでした。
 これも、すべてフェリックスの先生のおかげです。ありがとうございました。

【保護者体験記本文】
 のんびり屋でマイペースな息子。学習に於いても慎重すぎて一つ一つ納得しなければ先に進まない為、公開テストや外部の模試でも成績が上がらず毎回頭をなやませていました。
 それでもフェリックスに先生方は息子自身に自信をなくす様な言葉は一切おっしゃいませんでした。それどころか『偏差値は気にする事はない』と励まし、各教科ごと先生方は親身になって面倒をみてくださいました。息子も知らず知らずのうちに気持ちを切り替えて、目の前の課題だけに目を向けて集中する様になりました。
 しかし、夏を過ぎても偏差値が志望校の合格ラインに近づかなかった時はさすがに、息子に志望校を変える事を勧めました。ところが返って来たのは、「自分の行きたい学校にチャレンジしなければ悔いが残るから、ダメでも覚悟して挑戦する。」という強い意志のある言葉でした。私たちが知らないところで随分と成長したなぁ…と感じました。
 そこで親自身も志望校は変えずに行こうと決心を固めました。
 試験当日。
 改札口に応援に来てくださった吉村先生の言葉でスイッチが入り、高ぶる緊張感を抑えて集中して試験に臨めた様でした。試験から戻った息子は一言、「やるだけの事はやったから合否はどうであっても悔いはない」と言いました。私も全く同じ気持ちでした。本当によく頑張ったと思いました。
 ここまでこられたのは、学習面、精神面共に小さな芽を大きく成長させていただいた先生方のおかげだと感謝しております。
 そして、事務の伊藤さんやお友達も明るく親切でしたので環境的にもとても恵まれていたと思います。受験を通じて親子共々貴重な体験をさせていただきました。
 本当にありがとうございました。

T・Fくん

  • 駒場東邦中学校合格
  • 海城中学校合格
  • 本郷中学校合格
  • 栄東中学校(東大選抜)合格

【生徒体験記本文】
 ぼくの受験勉強生活は4年生に始まりました。そして6年生の最初にフェリックスに入塾しました。少し遅めの入塾で、カリキュラムに慣れるのに少し時間がかかったけれど、フェリックスには親しみやすいいい友達がたくさんいたので塾には楽しく通えました。夏まではあまり思うように成績を出せなかったけれど、夏が終わってからぐんとのび、合不合の結果も安心できるようになりました。
 そしていよいよ2月1日。ぼくの合格発表までの長い2日間をかこう。そう、長かったのだ。
 朝起きて計算漢字をやり、おちついて家を出た。できるだけ「ふつう」にやろうと思った。駒東に着いたらさすがに心臓がバクバクになってきたが、応援に来てくれた先生のおかげで少し安心できた。しかし控え室のお母さんと別れる時は再び緊張の波がおそってきた。が、今までの勉強と努力を思い出し、制した。そして試験開始。国語と社会はまあまあだった。次の算数、少し自信を持って臨んだのだが問1からあせった。最後の大問4は全部落とした(たぶん…絶対)。試験中「もうダメだ」と何度も思った。終わって廊下に出た時は半泣きだった。今までのテストの中で1番くやしく1番悔いが残り、1番ショックだった。全ての試験が終了した時絶望しかなかった。その日はそのまま家に帰りすぐに塾に行った。そしたら塾にいた先生方がなぐさめてくれた。絶望しているぼくに試験に失敗して泣いて塾に来た人が受かったという話をしてくれた。心の整理のために流水算のプリントを用意してくれた。「まだわかんないじゃないか」「とにかく前を向くことだ」と励ましてくれた。ぼくはその言葉で心が落ちつき前向きになれた。明日からまた全力を尽くそうと思えた。
 次の2月2日は本郷。最初は落ちついてできたが最後の理科、余った15分間は駒東の合否ばかり考えていて(と言うかそれしか考えてなくて)何もできなかった。会場から出てお母さんを探した。見つけてすぐ「どうだった?」と聞いたら手を差しのべてくれた。「おめでとう」と言われた。その瞬間驚きと喜びと感動と感謝と…いろいろな気持ちが入りまじって頭が混乱した。そして今までぼくを支えてくれた全ての人にお礼を言いたいと思った。
これから受験する人たちへいくつかのアドバイスをしたいと思う。
1.受験会場ではなるべく「ふつう」にやること!「前の国語が悪かったから算数がんばろう」など言って最後の捨て問に手を出すようなことは絶対しない方がいい。
2.受験会場では周りの人を気にしてはいけない!「○○中が第一志望でここは抑えだ」「過去問の算数で満点とれた」などとわめきちらす人がいますが冷静にしていた方がいいです。
3.フェリックスの先生が言っていましたが手を動かすと集中できる!(ぼくは電車の中でルービックキューブをやっていました)
4.試験前は計算テキスト!頭も動くし大きい音で全部丸をつければ何人かがふり向き、プレッシャーを与えられます。
5.自分を信じること!これは1番大切です。先生も言っていましたが合格した時のガッツポーズのイメージは本当に効きます!!がんばれ!!
 最後に、
 これまでお世話になった先生方に本当に感謝しています。ぼくは1日に先生になぐさめてもらったおかげで勇気を持って前へ進めました。先生方そしてぼくを支えてくれた多くの方々(もちろん友達も)本当にありがとうございました。

【保護者体験記本文】
 息子は大手塾から転塾してきました。直前期の個別用にどうだろうかと試しに講習を受けたところフェリックスは授業が面白い、お友達の雰囲気が好きとのことでした。大手が嫌だったわけではありませんが思いきって春期講習からお世話になることにしました。お弁当を交換しながら楽しいランチタイムを過ごしていることも新参者としてはとても嬉しいことでした。子供の様子をみながら都度都度面談の機会をいただけるので不安や疑問が大きくなることはありませんでした。授業態度や答案だけではなく解き方もしっかりみていて下さるので弱点をきちんと把握して的確なご指導をいただいていました。息子もしっかり向き合って下さるのを感じて先生を信頼し学ぶ楽しさを身につけることが出来ました。塾へ行く背中はいつも楽しそうでした。先生方、伊藤さん、お友達皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。一年間とても充実したかけがえのない時間でした。本当にどうもありがとうございました。

お問合せはこちら
FELIX 練馬教室 03-3557-1391
お問合せはこちら